突然生じるトイレのつまり

予期せぬアクシデントに大慌てから顔面蒼白も大袈裟では無い状況の中でも、極めて身近なリスクとして誰もが思い浮かべるのが、他ならぬトイレの詰まりではないでしょうか。水を流すも普段とは何かが違う不自然な音に続き、便器内の水面が一気に競り上がって来る「あの一連の展開」は、思い出したく無い光景の中でも上位にランクインしているに違いありません。何より自分自身は100パーセント適正に使っていた確信を持っていたとなれば、恨むは先に使った見知らぬ誰かとなりますが、そんな感情に意識を奪われている場合ではありません。

トイレのつまりこうした状況はトイレの排水システム内のどこかに、異物が詰まっている可能性大ですが、通常であれば十分な水量を用いれば、十分余裕を持って汚物を流し切ってくれる以上、流してはならない「何か」の存在が自ずと想定されます。こうした下水管を流れて行かぬ異物を、それと認識して流す行為は当然論外ですが、それ以外にも無数の「悪意無きトイレのつまり」が、おそらく今この瞬間もどこかで生じている可能性は十分以上なのです。

トイレのつまりの原因には、使用する私達の誤認識が見過ごせません。ここでは具体的にどのような原因が想定されるのかを挙げての検証作業と、異物を流す以外にもつまりに繋がる可能性が懸念される、リスクを招く使用法に関しても、みなさんと一緒に確認作業を進めてみたいと思います。ご自身が日常気づかず、ごく自然に行っている行為が結果、トイレのつまりに繋がっている可能性もゼロとは言えず、再度までご一読からの自問自答作業も合わせてお願いいたします。