正しい対処法を知る

ラバーカップ予期せぬトイレのつまりとの遭遇、あるいは兆候を感じた際に、多くの方々は慌てて複数回水を流す、条件反射的な行動に及ぶ傾向が見られますが、これは時に状況悪化に繋がり、注意が必要です。便器内の水面が上昇を始めた時点で、既に流した水量に対し、適正に流れ落ちない環境が生じてしまっています。この基本を忘れ、トイレタンクに十分に貯まり切らぬ少量の水を、幾度も小刻みに流したとしても、つまりの原因を押し流せるだけの水圧は届けられぬばかりか、便器内の水を増量させてしまうばかりです。

トイレつまりの対策として、もし備え付けのラバーカップが個室内に見当たるのであれば、慎重に使用から改善にトライしてみてください。それでも状況が好転しない場合、それ以上水を流し続ける行為は禁物です。然るべき専門業者に速やかに連絡から、プロの抜本的な回復作業に委ねるのが賢明です。

こうした万一に備え、有事の連絡先を、ご家庭であればご家族全員で、職場や管理施設であればスタッフ間で、常に共有しておく姿勢も大切です。異物が原因の可能性が伺えた場合、焦って強引に流そうとする行為が、実は最も危険である事実を踏まえ、異物となってしまう可能性を持つ物質は決して流さない、常に正しく使用する姿勢が結果、リスク回避と状況悪化阻止に繋がります。

誤った使用法のリスク

トイレのつまりの1番の原因として挙げられるのが、異物すなわち「元来流してはならない物体が排水路を塞いでしまう」状態の発生です。それは時に無意識のうちに便器内に落としてしまった何らかの物体であったり、誤った使用方法を重ねる中、本来なら流れて行くべきところ、外からは見えぬ部分で堆積してしまうケースなど、幾つかのパターンが想定されます。

ティッシュペーパー具体例としては、水溶性ではないティッシュペーパーの使用が、一気につまりに直結するケースが見過ごせません。適正なトイレットペーパーは水に濡れると溶けてバラバラとなり、水流に乗って流されて行きます。対してそうではない紙類が水分を含むと、単純に体積が増加するのみならず、固まって硬度までも増してしまい、排泄物と絡まって大きな物体を形成してしまう場合があります。この堆積が排水官の直径を越えてしまう、もしくは便器内に注がれる水流と水圧では動かない質量となれば、便器から姿を消した後のどこかの箇所でストップしてしまいます。

こうした「紙なら大丈夫」「これぐらいなら流れて当然」といった誤った先入観からのたった1度の誤使用が、即トイレのつまりを招いてしまう可能性は小さくありません。公衆トイレなどで目にする「水に溶けない紙の使用は禁止」との掲出文は、こうした悪しき連鎖を指した注意喚起なのです。

突然生じるトイレのつまり

予期せぬアクシデントに大慌てから顔面蒼白も大袈裟では無い状況の中でも、極めて身近なリスクとして誰もが思い浮かべるのが、他ならぬトイレの詰まりではないでしょうか。水を流すも普段とは何かが違う不自然な音に続き、便器内の水面が一気に競り上がって来る「あの一連の展開」は、思い出したく無い光景の中でも上位にランクインしているに違いありません。何より自分自身は100パーセント適正に使っていた確信を持っていたとなれば、恨むは先に使った見知らぬ誰かとなりますが、そんな感情に意識を奪われている場合ではありません。

トイレのつまりこうした状況はトイレの排水システム内のどこかに、異物が詰まっている可能性大ですが、通常であれば十分な水量を用いれば、十分余裕を持って汚物を流し切ってくれる以上、流してはならない「何か」の存在が自ずと想定されます。こうした下水管を流れて行かぬ異物を、それと認識して流す行為は当然論外ですが、それ以外にも無数の「悪意無きトイレのつまり」が、おそらく今この瞬間もどこかで生じている可能性は十分以上なのです。

トイレのつまりの原因には、使用する私達の誤認識が見過ごせません。ここでは具体的にどのような原因が想定されるのかを挙げての検証作業と、異物を流す以外にもつまりに繋がる可能性が懸念される、リスクを招く使用法に関しても、みなさんと一緒に確認作業を進めてみたいと思います。ご自身が日常気づかず、ごく自然に行っている行為が結果、トイレのつまりに繋がっている可能性もゼロとは言えず、再度までご一読からの自問自答作業も合わせてお願いいたします。