誤った使用法のリスク

トイレのつまりの1番の原因として挙げられるのが、異物すなわち「元来流してはならない物体が排水路を塞いでしまう」状態の発生です。それは時に無意識のうちに便器内に落としてしまった何らかの物体であったり、誤った使用方法を重ねる中、本来なら流れて行くべきところ、外からは見えぬ部分で堆積してしまうケースなど、幾つかのパターンが想定されます。

ティッシュペーパー具体例としては、水溶性ではないティッシュペーパーの使用が、一気につまりに直結するケースが見過ごせません。適正なトイレットペーパーは水に濡れると溶けてバラバラとなり、水流に乗って流されて行きます。対してそうではない紙類が水分を含むと、単純に体積が増加するのみならず、固まって硬度までも増してしまい、排泄物と絡まって大きな物体を形成してしまう場合があります。この堆積が排水官の直径を越えてしまう、もしくは便器内に注がれる水流と水圧では動かない質量となれば、便器から姿を消した後のどこかの箇所でストップしてしまいます。

こうした「紙なら大丈夫」「これぐらいなら流れて当然」といった誤った先入観からのたった1度の誤使用が、即トイレのつまりを招いてしまう可能性は小さくありません。公衆トイレなどで目にする「水に溶けない紙の使用は禁止」との掲出文は、こうした悪しき連鎖を指した注意喚起なのです。